保育士求人で評判の良い転職募集サイトをランキング口コミ紹介!

最終更新日:2017年07月27日
2017年最新の人気保育士求人・転職サイトランキング
保育士の求人・転職・募集サイトをお探しなら当サイトから!

年収アップ、残業減など好条件・高待遇の求人情報が必ず見つかる!

登録は完全無料で各サイトによって特徴があるので、3社以上のサイトに登録することで理想の求人に出会う確率UP!
おすすめ保育士求人一覧
保育ぷらす+
保育士の転職でお悩みなら保育士専門求人サイト
保育士の転職でお悩みなら保育ぷらす+!保育ぷらす+は相談者の事を第一に考え、長く勤務ができ内部情報に精通した保育士厳選求人をご紹介、転職問わず職場でのお悩みをご相談、ご希望あれば入社前に半日~1日の見学・体験保育もご案内いたします。
保育士コンシェル
保育士コンシェル
保育士求人・転職・募集なら【保育士コンシェル】
保育士の求人、転職は保育士コンシェル。日本最大級の保育士求人転職サイト。東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に高待遇・好条件の保育士求人情報が満載! 高収入、家チカ、残業少なめ、研修充実など、あなたにピッタリの求人をご紹介します。カンタン登録30秒。
保育ひろば
保育ひろば
納得のいく保育士転職にお急ぎの方には保育士のための転職サイト
保育士の求人・転職・募集情報なら保育ひろば。保育 ひろばで゙転職された方にはお祝い金最大2万円をプレゼント!完全無料の徹底サポートでご利用満足度94%の保育士転職支援サービスです。
保育マルシェ
保育マルシェ
首都圏を中心に他の求人サイトにない求人情報が満載
単に求人情報をアップするだけでなく、取材を通して集めた豊富な園の画像であったり直接園長先生からインタビューさせてもらった園の保育方針など、他の求人サイトにはない情報が満載です。
ジョブメドレー
保育士の転職・求人情報ならジョブメドレー
ブランクやご家庭のある方の再就職に是非ご活用ください。あなたの力を必要としている患者/利用者様が待っています。
マイナビ保育士
マイナビ保育士
保育士の求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】
保育士の求人・転職・募集ならマイナビ保育士。認可保育園、オープニングスタッフ、福利厚生充実など、多彩な求人をご用意。あなたの保育に対するお考えを第一に、ご希望に合った求人をプロのキャリアコンサルタントがご紹介。マイナビだから安心!
FINE!
本最大級 保育士求人サイト|FINE!
利用者の98.2%が満足と答えた日本最大級の保育士求人サイト。高年収、残業少なめ、研修充実など、>あなたに合ったお仕事がみつかります。
保育のお仕事
【完全無料】保育士・幼稚園教諭の転職支援「保育のお仕事」
保育士・幼稚園教諭専門のお仕事探しサポート。ご利用は一切費用がかかりません。転職のプロに相談して納得の職場を見つけてみませんか?
ジョブデポ保育士
ジョブデポ保育士
保育士求人・保育園求人はジョブデポ保育士
【保育士限定!最大10万円プレゼント】東京都、神奈川県の保育園の求人をお仕事をご紹介します!年収300万円以上、小規模保育所、認可保育園など・・・あなたの希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーに希望通りのお仕事をご紹介します!
心から納得できる保育士求人を比較しながら探す

パソコンを見る女性

子どもの数は年々減り続ける傾向にありますが、それでも保育を必要とする子どもはたくさんいます。今は両親の共働きがもう当たり前になってきていてるので、両親が働きに出ている間面倒をみてくれる保育園、保育士は需要があります。

ただ、その反面保育士は待遇の面でいろいろと納得しきれない所があるため、定着しないという問題点を抱えているようです。

そんな状況下で保育士希望の人が保育士求人を見つけるのなら、あまり妥協せず条件に見合う求人を探さなければいけません。
いくら子どもが好きで保育することにそれほどストレスを感じないとしても、それと労働による疲労はまた別です。

また、いくら仕事にやりがいを感じられても報酬が見合っていないと現実的に社会生活を維持できませんので、そのあたりは切り離してシビアに考えていかなければいけません。

ですので、保育士求人を探すときはそれらのことを加味した上で探さないといけないのです。

保育園そのものがあまり多くない地方の保育士求人では、選択したくても選択しようがないこともあります。保育園が保育士求人を出していなければ出しているところだけに限って応募しなければならず、必ずしも選択の余地があるわけではありません。

そういう意味では、理想の保育園を探したいならなるべく人の多い地域にある保育園のほうが数自体は多くなっています。

一つの地域に絞って保育士求人を探したとき、10件かそれを超えるくらいの数があるなら比較をする意味があります。
それらの中で最も保育士の立場が尊重されている求人はどれなのか、実際に働いたとき体力や精神をすり減らすことなくできるのか、報酬に納得いくかなど、それぞれをまず保育士求人を見て判断しなければいけません。

時には周りの意見を聞きながら決めるのも悪くはありませんが、結局最終的に働くのは自分です。ですから、自分が納得できる保育士求人でなければいけませんし、そうでなければ長く働き続けることは難しくなってしまいます。

ただ保育士求人に限った事だけではありませんが、求職側が希望をすべて通そうとすれば該当する求人がなくなってしまいます。

そのため、多少は妥協しなければいけない点も出てきます。

それのどこを妥協するのかさえ間違えなければ、保育士としてしっかり気持ち良く働くことができるでしょう。保育士求人探しは他の職種の求人と比べて難しいのかもしれませんが、自分の考えをしっかりとまとめて決断をすれば大丈夫だと思います。

保育士求人の内容を正しく知ることが大切

タブレットを使ってる女性

保育士の仕事は、子どもの成長を助ける社会にとってはとても大事な職業です。

子どもがすくすく成長しなければ社会は成り立ちませんので、それを助ける立場にある保育士の存在は重要です。

そして、近年都市部では保育園を中心とした保育施設が足らなくなっており、誰もが知る社会問題になっています。このため保育士は非常に貴重な立場になっているのですが、その反面で待遇について物議を醸すことが多いのもまた事実です。

保育士求人は都市部を中心に増えてきているため、保育士の資格を有している人ならば職場を選べる立場にあるといえるのかもしれません。

ただ、問題は保育士求人に記載されている待遇のことで、保育士がどこまで守られているからがポイントになってきます。

有給休暇、年末年始休暇等の休暇が充実しているのかどうか、賞与はどうなっているのか、昇給はどのくらいの頻度でどれだけ上がるのかなどお金のことももちろん見逃すことはできないです。

保育士求人ではこれらについてかなり詳しく書かれていますので、まずはその点をきちんと確認しなければなりません。

また、それ以外にも現在の保育士求人ではさまざな情報が掲載されています。特にネット上の保育士求人は情報が豊富で、現場スタッフの声、雇う側の方針、さらには具体的な勤務体制、採用までの流れなどが細かく書かれています。

ネットの求人では1ページの中にこうしたたくさんの情報がありますので、まずは焦らずそれらがどうなのかを知っていかなければなりません。そして、その上で何か疑問があれば問い合わせ、保育士求人に書いてあることとすり合わせながら納得いくまでその求人をきちんと正しく知ることが大事です。

保育士求人は待遇面において行き違いがあると、採用されて働いた後にいろいろと不都合がおきたりします。それでは雇う側も雇われる側も納得しなくなってしまいますので、そうならないよう保育士求人を正しく知ることが求められます。

ネットの求人なら特に項目ごとでどういう条件なのかがかなりハッキリと提示されていますので、その点はあまり心配しなくても大丈夫です。保育士求人探しをするならなるべく多くの情報を取得したほうが有利なので、それは忘れないようにしたい所です。

それによって各保育士求人でどれだけ違いがあるのかよくわかりますし、比較をした上で応募先を決めることが大切です。

ですので、保育士求人探しはそうして行えば良いところが見つかりやすいです。

保育士求人関連記事
保育士求人は、看護師ほどではないにしろわりと一年中出ているということは、まあ言えることでしょうね。 地域を自分 ・・・[続きを読む]
数が足りていないということで何かとメディアの話題にあげられる保育士ですが、まずその求人を知ることで現状が見えて ・・・[続きを読む]
自治体から出される保育士求人は、年末から新年明けて1月までの間に募集が出されることが多いのですが、けれどもこの ・・・[続きを読む]
保育士求人について、あまりネガティブなことは言いたくはないものですけれど、しかし「ここは抑えておかなくてはなら ・・・[続きを読む]
日本は少子化といわれるようになって数十年が経過するようになりましたが、それでも子供を持ちたいという願いは自然な ・・・[続きを読む]
なにを持ってして「良い保育士求人」とするのかは人によって異なりますけれど、やはりいつの時代もいわゆる「公務員保 ・・・[続きを読む]
自治体運営の保育園が出す求人のひとつに「臨時保育士」というものがあります。 まあ、言ってみれば臨時職員のことで ・・・[続きを読む]
  保育士の皆さん結婚したくても出会いがないと嘆いていませんか?保育士さんはもてるとよく言われます。 ・・・[続きを読む]
昨今、保育士さんの人数が不足しているため保育園にて抱えられる子供の人数が減っているとよく耳にします。働くママさ ・・・[続きを読む]
私は保育士として5年程働いています。最初に保育士として働きたいと思ったきっかけは親戚の子供と一緒に過ごしていた ・・・[続きを読む]
昔自分がお世話になった保育士さんのことが懐かしく、今でもよく覚えています。 お世話になった保育士さんは二人いま ・・・[続きを読む]
保育士が職場選びで失敗しないために知っておきたい事

両手を丸めて胸をおさえる女性

どんな職場では人間が集まれば何かしらの問題が起きる事が多いですよね。職場の環境はいろいろあり、中には女性が圧倒的に多い職場もありますね。そんな女の園の職業には保育士もあります。保育士というとほがらかで優しそう、と思うかもしれませんが、彼女達も人間なのですから違う一面があっても何ら不思議はないのです。実際、保育士の仕事では女性同士の陰湿ないじめとか嫌がらせがあるケースもあります。ここでは人間関係が良い職場と悪い職場の見極め方について解説します。

●頻繁に求人が出るわけ 
頻繁に求人が出る保育士は何か理由があると考えるのが妥当でしょう。辞める人が多いからいつも求人が出ているのです。多くの場合には嫌なお局先輩がいるとか、主任保育士や園長先生があまり評判が良くないという事もありえます。頻繁に求人が出すところはいくら条件が良くても考えものです。

●若い保育士が多い職場
保育士の仕事は園児の成長を見届けるのがやりがいとも言えるので、環境が悪くなければ普通は長く勤めようと思うもの。それなのに年齢が若い保育士さんばかりの職場では早く辞める人が多いと考えられます。長く務める人が多ければ年齢層が高くなります。職場見学の時や面接の時などに確認するようにしましょう。

●職場の雰囲気
面接や職場見学がある時に働いている職員さんの雰囲気を感じ取るのも大事です。すれ違う時に挨拶はしているか。職員の顔に笑顔があるのか。職員同士での会話は楽しそうな様子かなど。中でも職員同士の会話には注目したいところです。全然会話すらないのであればかなりやばい職場ですし、会話がギスギスしているとか、一方がやたらにへこへこしている職場は要注意です。さりげなく職場の雰囲気をチェックするようにしましょう。

●求人サイトのコンサルに聞く
求人サイトのコンサルタントに聞くというのも有効ですね。コンサルタントは求人先の園について詳しいですから、職場の雰囲気や園長先生の人柄なども聞き出す事ができます。そんなこと聞いて教えてくれるの?と思うかもしれませんが、コンサルタントとしても自分の求人サイト経由で入った人がすぐにやめてしまうようでは困るので、そうなるくらいなら先に悪い部分も教えてくれるのです。

●面接官の態度
職場の人間関係が悪い原因が園長や主任保育士である事が少なくありません。保育所の面接担当は多くはこういう人がしますから、面接官の態度もチェックしておきましょう。その事でその職場の人間関係も見えてくる事もあります。女性の園である保育士の職場。やはり女性特有の人間関係の苦労もある事でしょう。できるだけはずれの職場を選択しないように事前にここに挙げた事などを気を付けて良い職場で働くようにしましょう。