保育士求人で評判の良い転職募集サイトをランキング口コミ紹介!

最終更新日:2018年08月21日

仕事に向き合うスタンスと保育士求人選びについて

笑顔の子供

数が足りていないということで何かとメディアの話題にあげられる保育士ですが、まずその求人を知ることで現状が見えてきます。雇用形態ですが、契約社員でも基本給20万円以上の求人があります。

実働は8時間、これでピタリ終わることはさすがに考えにくいですが、それでも保育士の求人としては悪くないのかもしれません。比較的新しくできた保育園はそれなりに待遇を良くしている求人もあるので、保育士としてしっかり働きたいならばそこに目をつけて探してみる考え方もあります。

また、週に通う勤務日数は5から6日となっており、月に2回程度土曜出勤があります。週休2日ならば体を十分休ませられるので週6日になると苦しいかもしれませんが、仕事の性質を考えるとそれはしかたないです。

このあたりは割り切れるかが求人へ応募するかどうかの分かれ目です。また、契約社員なら健康診断を受けられたり、退職金制度があったりなどその待遇についてかなり充実しています。それなら、悪い条件下での労働というのは想像しにくいです。

ただ、これが契約社員ではなくパートとなってくると少しその待遇が変わり、時給1000円くらいになる場合もあります。
ここがやはり大きな違いで、契約社員とパートの求人では待遇がやや異なります。

ただ、パートの場合はその分週の働く日数が少なかったりなど、融通は利きやすいのかもしれません。その保育園がどういう状況かにもよりますので一概にはいえないですが、どちらかといえば契約社員よりかは自由な働きも期待できます。

そして、もしも保育士として当分働いていきたいと考えているなら、やはり正社員の保育士求人に注目です。

新卒ならば20万円に届くか届かないかくらいの給料になることも十分あり得ますので、とりあえず給料が少な過ぎるということはなさそうです。また、正社員の場合は働く環境に配慮していろいろと充実していますから、そのおかげで働きやすくなり、ボーナスや社保完備や福利厚生についても手当がありますので、それならばなんとか働いていけるはずです。

このように保育士求人といっても保育園によってそれぞれで求人の内容は違いますので、結局は個別で比較をすることになります。そのためには、保育士という仕事にどういうスタンスで向き合っていくのかを決めておき、それに合わせて求人へ応募することが大切です。そうすれば、考えに合った保育士の仕事ができますので、そこは要検討です。

保育士求人・転職サイト口コミ比較ランキング|TOPへ

保育士コンシェル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ保育士求人
保育ぷらす+